ユニフォームとしてのgiraffe

giraffeはこれまでに、商業施設やミュージアムなどで スタッフが着用するネクタイやユニフォームのデザインを手掛けてきました。

こちらは、今年4月に開館したばかりのスヌーピーミュージアムのユニフォームで、 ロゼットを手掛ける「WHYTROPHY」と共に リボン蝶タイとロゼットのコーディネートスタイルをディレクションしました。

アシンメトリーなデザインのリボン蝶タイは、 ピーナッツの特徴でもある“シュルツタッチ”をストライプ柄として表現し、 くつろいだスヌーピーがさりげなく織られています。

(スヌーピーミュージアム HP: http://www.snoopymuseum.tokyo/ © Peanuts Worldwide LLC)

東京スカイツリー®が開業した際には、 ミナ ペルホネンがデザインしたテキスタイルを使用し、   スタッフを統括するディレクター(男性)のネクタイを制作しました。 皆川明さんが描いたスカイツリーのイラストを生地全体に散りばめ、 ディレクターに相応しい、クラシックで堅実な雰囲気が漂うネクタイに。

サンシャイン60の展望台「SKY CIRCUS」のためにデザインしたのは、 「SKY CIRCUS」のテントをモチーフにしたクリップ式蝶ネクタイです。 遊び心のあるボーダー柄で、ポップな印象に仕上がっています。

さまざまなテーマやお題があるからこそ生まれるデザインやアイデア。 自分たちのネクタイ作りとは違う面白さがここにはあります。 giraffeはこれからも、ユニフォームとしてのネクタイづくりを デザイン提案からお手伝していきたいと思っています。

News

ニュースリリースはこちら



Contact

お問い合わせはこちら