LOTTE DO Cacao STOREユニフォームをプロデュース

LOTTE DO Cacao STOREユニフォームをプロデュース

「 LOTTE DO Cacao STORE 」

ロッテ初のカカオ専門店、
LOTTE DO Cacao STOREのユニフォームをプロデュース。

LOTTE DO Cacao STOREとは。

1964年のチョコレート事業開始以来、
約60年の間チョコレートと向き合ってきた
株式会社ロッテが2015年からスタートさせた
「LOTTE DO Cacao PROJECT」の情報発信を行う場所として、
カカオの新たな一面に触れられる
魅力的な体験を提供する目的で本ストアは考えられました。

サステナブルな店づくりを目指して。

『カカオ活用の新たな可能性に挑戦し、
サステナブルなカカオサイクルの実現を通じて
カカオに携わるすべての人が
幸せになれるような世界を目指す。』

という想いに共感して、
今回のユニフォームではカカオハスクを
サステナブルの観点から有効活用しています。

カカオハスクを活用した環境に優しい
「ボタニカルダイ」で染色したユニフォーム。

エプロン:
カカオ農園を想起させるファーマーズウェアスタイルのエプロン。作業がしやすいようにポケットをたくさん付けて、膝下までスリットを入れています。店内の内装にも合うようにオレンジがかったブラウンで、汚れも目立ちにくいように、ボタニカルダイでなるべく濃い色に染色しています。

トップス:
環境に配慮したリサイクルコットン50%と、オーガニックコットン50%を掛け合わせて紡績。捨てられてしまう物(糸くずや製品在庫、生機、生地などの使用しなくなった物)を原料に新たに生まれ変わったサステナブルファブリックを使用しています。作業上、袖を簡単にたくし上げられるように、リブ付きのロンTに仕立てています。ボタニカルダイで優しく製品染めをし、とても柔らかい風合いで、働く人にも心地よく着用していただけるデザインに仕上げました。

スカーフ:
ボタニカルダイで染色したシルクの糸を使用し、京都の丹後で織ったオリジナル素材。ボタニカル柄の中には、カカオの絵も中にはいっています。首元のアクセントに。また、昨年度製作したネクタイの端切れを一部使用し、生地の有効活用をしたスカーフです。

キャップ:
LOTTE DO Cacao STOREのロゴを配したキャップ。ボタニカルダイの色味に合うようにベージュを選んでいます。

ロゼット:
制服は全体的にボタニカルダイのベージュトーンでまとめたので、胸元に彩りを与えるため、ロゴを配したロゼットを作りました。リボンの色の組み合わせを複数パターンご用意し、働く方が好きな色のロゼットをチョイスして楽しんでもらえるようにしました。

More Posts